寒くなり、断熱の話を

こんにちは!

めっきり寒くなってきました。いよいよ師走に入り、忙しない時期になります。

また、インフルエンザも猛威を振るっているようですので、みなさまお気を付けください。


さて、寒くなってきたところで、タイムリーな断熱材の話をしたいと思います。

少し前に、断熱材のセルロースファイバーをつくる工場へ見学に行きました。

デコス セルロースファイバー

セルロースファイバーお利口さん

セルロースファイバーとは、新聞紙を再利用してつくる断熱材です。

新聞紙を再利用するので、製造エネルギーとしては省エネになります。もとは木ですから、自然素材です。

紙なら燃えるじゃないかと思うかもしれませんが、ホウ酸などを混入させることで、燃えにくくなっているのです。


そして、紙なので調湿効果も期待されます。湿気を吸ったり放出したりすることで、壁体内で結露することを防止するそうです。

この工法では、驚愕の壁体内結露20年保証があります。メーカーとして、かなりの自信がうかがえます。

それもそのはず、責任施工のため、しっかり研修した資格のある方が行わなければいけません。

セルロースファイバー特徴

セルロースファイバーの特徴として、以下のようなことがあげられます。

・断熱性
 吹き込み式で断熱欠損もほぼない。


・調湿効果
 木質系なので、湿気を吸放出する。


・吸音性
 触ればわかりますが、ふかふかで吸音性が高いです。


・安全
 ホウ酸は自然界のいたる所に存在しているものです。もちろん我々も口にしています。そして、燃えにくく有毒ガスを発生させません。


・防虫効果
 ホウ酸は防虫効果があります。

なんと夢のような断熱材ですね。

デメリットは、コストです。ただ省エネや健康のためを考えれば、デメリットでなくなりますね。

製造 ― 実演 ― 燃焼実験

セルロースファイバー製造前

製造前はこんな感じ。ここのセルロースファイバーは、チラシなど不純物が入らないように、擦り損じた新聞紙などを仕入れるようにしているようです。

吹き込み実演をみてきました。専用のシートを貼って、壁の中にセルロースファイバーを吹き込んでいきます。

セルロースフィバー吹き込み

結構パンパンに吹き込んでいたのが驚きました。これなら沈下の懸念はなさそうです。

そして、バーナー燃焼実験です。

セルロースファバー燃焼
セルロースファイバー燃焼実験

セルロースファイバーは、炎があがりません。焦げる程度でした。そして、中までは焦げてない。

セルロースファイバー燃焼後

そして、ふかふか。

セルロースファイバーふかふか

あったかそう!

いろんな断熱材がありますが、セルロースファイバーはお利口さんです!

断熱が気になる方はご相談ください!

住まいについてご参考になれば幸いです。



→住み継ぐ家づくり

→普通の家と低燃費の家

“MORE – LIFE – FREE” 暮らしはもっと自由でいい。楽しく暮らすなら、田頭建設へ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください